日本人は腰痛持ちが多い気がします。

日本人は腰痛持ちが多い気がします。

腰痛改善の薬や、治療関係の折り込みチラシは頻繁に入っています。

日本全国、どれ位の会社が治療提案しているのか分かりませんね…。

ドラッグストアでは、毎回新商品が展示してあります。

今回の腰痛改善薬は、効き目が全然違うんですよ、試飲をして頂き効果を実感して下さい!

このセリフ、結構聞く事多いですね…。

確かに、有効成分が効きそうです。

しかし、効果が高くなり金額も高くなりますね。

正直、お財布事情に効きそうです…。

定番の有効成分等が効かない人が増えている印象です。

ストレスも、腰痛の原因になっている気がしますね…。

一昔前よりも、サポーター等も種類が増えました。

どちらかと言えば、肉体労働の方が疲労軽減や事故防止目的の商品が当たり前だった気がします。

最近は、事務仕事や立ち仕事の方のサポーター等が殆どですね。

男性のぎっくり腰のイメージも強かったんですが、女性も結構いますよ。

昔より、男女共に筋力が無いのかも知れません。

ホワイトカラーと呼ばれる仕事も、日本の高度成長期にはあまり聞きなれない言葉でした。

しかし、最近は現場仕事より事務仕事を選ばれる方が多いのかも知れません。

実は、普段から体を使う仕事をしている方のほうが腰痛持ちは少ないと感じませんか?

昔は、矛盾しているなと思っていましたが…当然の気がします。

適度な運動でも、腰痛予防になるのは確かだと思います。