腹筋を鍛えて腰痛改善

腹筋を鍛えて腰痛改善

腰痛が発症してから早くも15年ですが、最近になってから腰痛が改善してきました。

その方法は腹筋を鍛えることです。

もともと学生時代は運動部ということあり、体を動かす機会が沢山あったのですが、社会人になってからというものの、極端に運動量が減り、さらに夜の宴席や、不規則な生活が続いた結果、体重が10キロ増えました。

そのせいか、次第に腰痛がひどくなる傾向になり、ひどい時は椅子からなかなか立てないこともありました。

そこで、週1回は体を動かす機会を作ろうと、スポーツクラブに通い始め、プールでのウォーキングを中心に全身運動をするようにしました。

体重は次第に減りましたが、腰痛はさほど改善はせずの状況でした。

そのため、スポーツクラブのトレーナーに腰痛に関する相談をした結果、思いもよらないことを言われました。

それは腹筋の鍛錬で腰痛を改善することです。

普通は弱っているところを鍛えて筋肉を強くするのがセオリーですが、腰痛の場合は裏側にある腹筋が影響しているようです。

体を支えるために、腹筋と背筋とがバランスを取り合っていますが、どちらかのバランスが崩れると強い方が頑張って体を支えるようです。

つまり、腹筋が弱いと背筋がカバーし、そのカバーが長年続くことにより、腰痛になるというメカニズムです。

早速腹筋運動を始めたところ、2週間後から腰が軽くなってきた感覚になり、その後は腰痛が気にならない状態まで回復しました。

腹筋運動は特別なことはしていませんが、ゆっくりでいいので10回は毎日やってみてください。腰痛が変わります。