骨格のゆがみやズレを治して坐骨神経痛を防ごう

骨格のゆがみやズレを治して坐骨神経痛を防ごう

坐骨神経痛はよく聞かれ、悩まれている方も多いです、ではどのような病気でしょうか。

●坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、腰椎や仙椎から伸びる脚の神経に起因する神経痛です。

中でも、お尻から太ももやふくらはぎといった脚の後ろ側にキリキリと刺すような痛み、しびれ、筋肉の張りがあります。

悪化すると歩行困難や歩行障害にまでいたるケースも。

原因は、椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症のような下部腰椎や骨盤のズレやゆがみによるものが多く、脚の神経も数あるのですが背中側にある坐骨神経系が圧迫されやすく発症します。

中高年の方に多くみられ、男女差はありません。

高齢者ほど増えていきますが、老化にともない腰椎が変形していく場合が多く、坐骨神経痛の原因になります。

●治療は?

治療の前にきちんと医療機関で受診することです。

骨格に大きな問題がある場合、ストレッチや体操などは逆効果になるケースもあります。

多くの方は、痛み止めの投薬治療になるでしょう。

まず痛みを取ることが最優先です。

それでも収まらない方は神経根ブロックとよばれる神経への麻酔注射があります。

そして骨に問題がある場合、本人の感じる痛みや日常生活への影響、年齢などを考慮して手術という可能性もあるでしょう。

しびれや麻痺がある方は理学療法のような機能回復訓練も行われます。

●まとめ

坐骨神経痛はだれでも発症する可能性があり、年齢とともに高くなります。

高齢者の場合は坐骨神経痛による運動障害で歩行困難や運動障害、寝たきりにまでいたる可能性があり、そうならないように注意が必要です。

背骨や骨盤のゆがみが後々には坐骨神経痛の原因になります。

そうなる前に早め早めのケアを心がけましょう。